2552語から診断する無料夢占い辞典

元彼 女友達 寝る 布団 ゴキブリ 怖い 叫ぶ 逃げる 走る 裸足 枕 持つ 写真の検索結果

12件の関連したキーワードが見つかりました。

写真

夢の中の写真には、現在のあなたの心理状態や、
普段見ることの出来ない内面が写し出されています。
たとえば、美しい風景の写真であれば、
あなたの精神状態が穏やかであることを表し、
異性が写っている写真であれば、
あなたの理想の恋人像が現れているのでしょう。

また、夢の中で自分の写真を見て感じた印象は、
「客観的に見たあなたの印象」を物語っています。
生意気そうだとか、意地悪そうに見えた場合は、
あなたが周りの人にそのように思われている可能性が高いでしょう。

・家族の写真を見る夢
家族の誰かに事件が起こることの暗示です。

・写真を撮る夢
自己アピールをしたい気持ちが強くなっているようです。

・写真を撮られる夢
誰かに注目されていることを暗示しています。
あなたを想っている異性が存在するのかも。


逃げる

何かから逃げ出す夢を見る時には、
現実でも、逃げ出したくなるような厄介ごとを抱えている時です。
追っ手から逃げのびることができれば、現実の問題も解決しますが、
逃げ切れずに捕まった場合は、問題と真摯に向き合って、
自分の力で最後まで解決する必要があるでしょう。

また、何かから逃げる夢を繰り返し見るようであれば、
体調面に何か不安を抱えている可能性があります。
一度、健康診断に行ってみるのもいいかもしれません。

・異性から逃げる夢
セックスに対して好奇心はあるけれど、
不安も入り交じった感情を抱いていることを意味しています。


ゴキブリ

ゴキブリは自分のコンプレックスの象徴です。
もし、そのゴキブリと戦わずに逃げ惑っていて、結果ゴキブリを逃がしてしまったとしたら、
そのコンプレックスが他人に知られるとか、コンプレックスがなくても何らかの自分の弱みを握られて、
すごく面倒な事態になりそうです。

夢の中で無事に殺したり、退治することができれば、そのコンプレックスが近いうちにすっきりと克服できそうです。
コンプレックスは人によっていろいろあると思いますが、わかりやすいのだと食べ物の好き嫌いが克服出来るのが挙げられます。
ゴキブリがあなたの嫌いな食べ物を表していて、無事に退治できたなら特に何もなく食べられるようになるとか・・・。

また、絶対に見たくない人が多いかと思いますが、
万が一大量のゴキブリが夢に出てきたら、しばらくの間様々な問題が同時に持ち上がる警告です。
目覚めてからの印象も最悪なものなのに、現実でもいい事は一切起こらないこの夢は、屈指の凶夢と言えます。

怖い

目覚めたあとに怖い、怖かったという印象が強い夢はあなたに対する戒めと、不安を抱えているという二つの意味があります。今のあなたがどういった状況なのかで、なぜ怖い夢を見たのかが変わります。
戒めとは、あなたが浮き足立っている時に見ます。分かりやすく言えば調子に乗っているときに、他人に甘えすぎていることを警告しています。
自分は気分よくなっていても、周りの人はあなたに言わないだけで結構な迷惑を被っているとかがあるのでしっかり反省して、もっと酷いことをしたようなら謝罪もしましょう。
もう一つの意味の不安とは、被害妄想と自意識過剰から怖い夢を見たかもしれません。
例えば仕事で上司に怒られるんじゃないかとか、夜道ていきなり襲われる気がするというような不安があると自然と怖い夢を見てしまいます。不安よりもいろんなことに対する恐怖心が強いのかもしれませんね。
仲の良い友達とおしゃべりしてリラックスしてみるとか、おいしい物を食べて幸せな気分になると、かなり和らぎますよ。
そもそも自分の飼い猫とかがどっしりと体の上に鎮座していると、どんな人でも怖い夢を見ることがあるので、もしかしたらそれが原因とも考えられます。
自分でそれが原因だと気づくのは難しいですが、寝るときは住処を分けて対策してみるのも有効です。


走る

夢の中でまで走っていたら、あなたのエネルギーや体力が有り余っていることを表しています。
一切疲れないで走っていたら、有り余るやる気と既にあなたが持っている実力で、目的が達成できるというサインです。
疲れてへとへとになりながらも走り続けて、さらにつまづいて進みたいのに全然進めていなかったら、やることがすべて裏目に出る警告です。一旦立ち止まって周りを見直してから再び走ってみましょう。

・だれかと一緒に走る
人間関係がうまくいっている証です。友人はもちろん、恋人との絆も一層深まっていきます。

・走ってもゴールに着かない
どれだけ走っても終わりが無い夢を見たら、今とっている方法が違っている可能性があるので、見直してみましょう。この場合も一旦ストップしてから、走り直してみるのをお勧めします。

・ゴールに駆け込む
無事にゴールまで走り切ったら、あなたの目的を達成するのが近いサインです。あともう少しなので頑張って下さい。


裸足

裸足も裸と同様、あなたのことを表に出したい気持ちがありますが、足とは生活基盤を表しているのであなたの健康とか病気に関することで不安があるのかもしれません。
日ごろから健康には十分気を付けましょう。
もしあなたではなく、知り合いが裸足でいるのを見かけたら、その人はあなたにとってあまり信用できない人なのではないでしょうか。
強く警戒しているようですので、特に心当たりが無かったら交流してみましょう。また、体の下部に足があることから、下心があるという意味もこめられています。異性の知人だったら、何か特別な思いを抱いていることも考えられますよ。


布団

布団とは人間に安らぎをもたらす大切な物のことから、あなたの心の安定さが表れています。
ふわふわで気持ちいい布団に入って気分良くなっていたら、人間関係などさまざまなことで心が満たされている証ですが、洗っていないかと思うほど汚く、薄っぺらい布団だったら毎日のストレスによって心が荒んでいるようです。
ストレスを解消して心を落ち着かせましょう。気分転換として布団やまくらなどを新しくするのも良いですね。
また、あまりにも布団が汚れていたらあなたの体調に気を付けてみてください。この布団に関わる夢として、眠たいのにベッドも布団も無いという夢は、将来が分からない恋をしていないでしょうか。
恋人がどう思っているか分からない、お互いが本当に好きなのかどうかが不明とか、叶うのか叶わないのか不明な片思いをしているなど、少なくとも心が落ち着く恋をしていない時に眠いのに布団が無いという夢を見ることがあります。


枕にもこだわる人が多くいますが、枕は安らぎと心の安定を表しています。
柔らかくて、使っていて気分が良かったらストレスがなくリラックスしている状態ですが、硬くてとても寝心地が悪い枕だったら、実際にあまり良い眠りにはつけていないのではないでしょうか。
何らかのトラブルに悩まされていたり、今まさに問題が起きている真っ最中だと汚い変な枕が出て来ることがあります。

・枕をプレゼントされる
一生を共にする異性が現れる前触れです。まさに二人で枕を並べて寝る予兆かもしれませんよ。

・枕が汚れている
汚れた枕はあなたの言動に気を付けるようにと警告しています。あなたの軽はずみな発言が誤解を招いてトラブルのきっかけになる可能性があります。

・枕に草が生える
枕から植物が生えてきたら、身近な人の不幸が訪れるかもしれません。とても危険なので、もし病をわずらっていて入院しているような人がいたらすぐにお見舞いに行ってみましょう。

叫ぶ

何かを叫んでいる夢は、
不満やストレスを抱え込んでいる時に見ることが多いようです。
そして、それらを自分の力だけで解消するのは難しいでしょう。
周りの人に助けを求めた方がいいかもしれません。
また、友人や知人に対して何かを叫んでいる夢は、
その人たちがあなたを裏切る可能性を予見するものです。

・夢の中の叫び声で目が覚める
心身ともにストレスが溜まっている証拠です。
思い切って環境を変えてみるのもいいかも。


写真家

写真家は写真を撮るときに被写体に集中します。
このように、写真家の夢は注意を払わなければならないもの、現実的に考える必要があるということを示しています。

・写真家が人物を撮影する夢
あなたが「誰を撮影しているか」が夢を解釈するのに大きな役割をします。
異性を撮影しているのであれば、恋愛へのあこがれを示しています。
誰を撮影していたかを思い出してみましょう。
何か重要なメッセージが隠されている場合があります。

寝る

寝ている夢を見るということは、しばらく現実から遠ざかって、現実のことを忘れていたいという欲求が強いことを示しています。
寝ることで、現状の課題に区切りをつけて、気持ちを切り替えたり、新しいアプローチを模索することでの突破口に繋がったり、環境を変えて、今までとは違った考え方で取り組んだりするには良いタイミングでしょう。
仕事や、勉強、精神的なことなどできついと感じているときに、少し休みを入れて、
新しい考え方をしてみたり、違った面から見てみることも大事なことです。それによって、新たな可能性が開けることもあります。

過去の恋人

元カレや元カノが夢に出てきたあと、なぜかその人のことが気になってしまう経験はありませんか?
もしかしたら、あなたは今の生活状況に満足していなくて、昔の恋人にすがりたいという思いがあるのかもしれません。

・新しい恋人がいるのに、元恋人とのデートを楽しんでいる夢を見るのは、
現在の恋人に対して満足していないからかもしれません。
しかし、何も後ろめたい気持ちになることはありません。新しい恋人と、少しずつ思い出を刻んでいけば良いのです。