2552語から診断する無料夢占い辞典

和室 畳 ござ ベッド 机 浴槽 シャワーの検索結果

5件の関連したキーワードが見つかりました。

シャワー

あなたが夢の中のシャワーで洗い落としているのは、
あなたの「心の汚れ」であり、ここでいう心の汚れとは、
「嘘」や「悪だくみ」、「秘密にしておきたい悪事」などです。
何か後ろめたいことを抱えているのかもしれません。
そして、シャワーを浴びてさっぱりした気分になる夢は、
心の汚れを洗い落として、幸運を呼び寄せる準備が整ったことを表しますが、
逆に考えれば、心の汚れを洗い落とさない限りは、
決して幸運は訪れないということです。
心当たりがある方は、そのことを肝に銘じておいて。

・シャワーの出が悪い、水が出ない夢
あなたの抱えている問題が、
自分一人の力では解決できないことを暗示しています。

・温かいシャワーを浴びる夢
心の汚れを自覚して、真っ当に生きることを決める時です。

・冷たいシャワーを浴びる夢
体調を崩す予兆です。
風邪などには十分な注意を。

・服を着たままシャワーを浴びる夢
不規則な生活から、病気になる可能性を暗示しています。
生活習慣の改善を。


ベッド

ベッドは休むために使うのも、もちろんセックスに使う事からも結婚生活を表すことが多いです。
きれいにメークされたベッドだったらストレスが解消されることを表していて、心と体が抑えつけられていたころから解放されます。
もしあなたのベッドに誰かが入ってきたら、面倒な問題をあなたが解決する羽目になりそうです。また、ベッドメイキングが不十分で汚いベッドだったら心身が不安定になっていく警告です。
もしたまにシーツと枕カバーを変えているだけで、しばらくベッドの周りを掃除してないとかだったらこの機会に掃除するのも良いですね。

・新しいベッド・ベッドを買う
近々結婚するかもしれません。今恋人がいない人でも、恋愛が始まる暗示ですよ。

・顔見知りの異性のベッドにもぐり込む
知り合いの異性のベッドにあなたが入る夢は、その人と性的な関係になりたいほど好きなのではないでしょうか。その願いはもしかしたら叶うかもしれません。

あなたはどんな時に机に向かいますか?
仕事や勉強の時に机に向かうという人が大部分でしょう。
このように机の夢は、仕事や勉強を示しています。
学生の頃は机で寝るのが得意な人もいたかもしれませんね?!
いやいや、机は何かを生み出す大切な道具と言えそうです。
机に向かって何をしているかにもよりますので、よく思い出してみましょう。

・机で勉強や書きものをしている夢
今、仕事や勉強をやってやるんだという気持ちが高まっていることを暗示しています。
集中力がアップしている時期ですから、何かを身につけたりすると良いですよ。
たとえば、仕事のための資格試験にチャレンジするのも良いでしょう。
つまらないと思っていたことでも、やってみればその面白さに気づいたり、
新たな発見もありそうです。また、誰かに手紙を書いたりしていたら、
その人と急接近したり、信頼が深まったり、なんてこともあるでしょう。

石畳

石畳の道が夢に出てくるときは、あなたのアタマが少し頑固に凝り固まっていることを表しています。
自分の信念を貫き、そのことでこれまでもいろいろな問題に対処し、解決できて来たのだと思いますが、いつまでも同じやり方が通じるとも限りません。
自分の判断や意見に固執するあまり、周りから浮いてしまったり、当然得られるはずの援助や協力を遠ざけてしまうことで、むしろ問題の解決を長引かせてしまうことがありそうです。
もしも、最近人間関係でうまくいかないとか、なぜかトラブルに巻き込まれてしまうということがあれば、それはあなた自身が自分の見方や意見に自信を持ちすぎて、許容力が小さく狭くなっているせいかもしれませんよ。
どんな人にも立場があり、尊重してほしいと思っています。
相手が発する意見には一度は耳を傾けてみましょう。
思いがけない発見があるものですし、何より人の話を聞く、
また「きちんと聞きましたよ」という反応を示すことは円滑なコミュニケーションの第一歩です。

ベッドルーム

休息をとる場所であるベッドルームが出てくる夢は、今のあなたが疲れていることを象徴しています。
実際の眠りが十分ではないのかもしれません。
質のよい睡眠がとれるように、照明やカーテンなどインテリアを工夫して、あなたにとって心が落ち着く空間を作りましょう。
眠りに誘ってくれるアロマテラピーを試してみるのもよさそうです。

・歩いても歩いてもベッドルームに辿り着かない夢
常に疲労感が抜けきらず、日中もボーっとしてしまうことが多くありませんか?
ベッドルームに辿り着けないということは、今のあなたには睡眠時間が足りておらず、十分な休息がとれていないことを示しています。
まずは生活習慣を見直すことからはじめ、また、休息をとるべき場所の環境の見直しをするなど、あなたにとってリラックスが出来る環境を整えてみてください。